アンティーク看板の効果的な取り付け方とは

思い通りのアンティーク看板が完成したとして、その看板はどのようにして掛けますか。単純に壁にぶら下げて取り付けるといった方法以外に、様々なアンティーク看板の取り付け方があります。

ブラケット看板(突き出し看板)

商店街を歩いていると、高い位置の壁から突き出して、歩行者の正面に文字が見えるよう、取り付けられた看板を見たことがあるでしょう。これはブランケット看板(突き出し看板)という種類です。アンティーク看板を取り付けるなら、採用してみたくなるオシャレな見た目です。

壁に取り付ける突き出し金具には、スクロールという渦巻き型の模様が付いている場合をよく見かけます。スクロールに葉っぱや鳥のデザインをあしらったりと、自由にデザインすることができます。この金具はロートアイアンという職人お手製の金具です。アンティーク看板を路上に吊り下げることによって、歩行者目線を意識することができて目につきやすくなる効果を持っています。

壁に貼り付ける壁面看板

アンティーク看板は、そのまま壁に取り付けるという選択もあります。この場合には大きなものなら高いところでも目立ちますが、小さめのアンティーク看板の場合には、人の目線から大きくずれない位置が好ましいでしょう。壁に取り付けるほかでは、ドアに取り付けたら、お店の入口が分かりやすくなる効果もあります。アンティーク看板に色違いの枠を持たせ、目立たせる効果を利用してみましょう。

立て看板やポール看板

店舗などの壁に直接的にアンティーク看板を取り付けるのではなく、すこし離れた場所で存在を示すのもいいかもしれません。路上に置かれているアンティーク看板を目にしたことがあると思います。立て看板のタイプにするなら、木の枠組みや金属の落ち着いた色合いの枠を作って、アンティーク看板を取り付けてイメージが合うようにしてみましょう。

タイプとしては、一枚の板を地面から壁に立てかける、簡素なものにすることもできます。または脚立のように三角形に立たせて、表側と裏側を利用できるものなどが一般的です。立て看板の場合には、毎日のように出し入れをしやすく、しかも運びやすく、看板を大切に室内に保管することもできるでしょう。

地面に固定するポール看板は、一度据え付けてしまえば手間いらずで、看板を立てる面積はポールの台座ひとつ程度で済みます。気をつけたいのはアンティーク看板なだけに、位置によっては周囲の環境と同化して目立ちにくくなることです。取り付ける位置については、熟考しておくべきでしょう。