多種多様な薬剤師の就職・転職先

薬剤師の免許を一度取得すると人生は安泰という言われているのにはいくつかの理由があります。その理由の一つは薬剤師の仕事内容の幅が広いからです。実は一般の人が知らない薬剤師の活躍の場がたくさんあるのです。

その一例が医薬品卸業でしょう。医薬品卸業は単に商品を仲介する業者とは少し異なります。製薬会社と医療機関・調剤薬局の間に対等な立場で接する大きな機関とも言えます。仕事の具体的な内容は大きく分けて3つあります。それは医薬品の仕入れ・流通、販売、情報提供の3つです。これらの機能を一つにまとめて行っているのが医薬品卸業の実態なのです。

医薬品卸業における薬剤師の業務は多岐にわたります。まず第一にすることは医薬品の管理です。医薬品は工業製品と異なり、温度や湿度によってその性質が変化してしまう可能性があります。品質を維持して販売することが大事な業務となるのです。また劇薬や毒薬なども管理するため、慎重に取り扱わなければなりません。その他にも医薬品を処方する医師や薬剤師に対して薬の効能や副作用についての説明を行うことも業務に入ります。

また実は学校にも薬剤師を設置しなければならないことになっています。学校専門の薬剤師を学校薬剤と呼び、教室や飲料の衛生管理、プールなどの設備管理、それに薬についての正しい服用方法などの説明を行います。保健室には通常、保健師や看護師が常駐しているため学校薬剤師の存在は知られていませんが、重要な役割を果たしています。学校薬剤師は教育委員会などから任命、委託されますが非常勤であるため、あまり学校では見かけないことが多いのです。

他にも薬剤師の就職先にはCRO・SMOと呼ばれる仕事もあります。CRO・SMOは新薬開発を行っている製薬会社をサポートする機関で、CROが製薬会社から主に治験全体に関わる業務全般を請け負い、SMOと呼ばれる機関に業務委託を行います。かつては製薬会社が治験業務も兼ねて行っていましたが、競争の激化により新薬開発の第一次・第二次スクリーニングは製薬会社で行い、最後の治験に関しては専門機関に外部委託するようになってきています。

治験を行う際にCROはCRAにモニタリングを任せ、SMOはCRCのスタッフで治験業務を支援します。CRAとCRCの違いは、治験業務に関わる期間の長さに現れます。CRCは治験開始から終了まで業務に関わるのに対し、CRAは新薬が世に出た後も製薬会社を支援する仕事まで行います。CROもSMOも年々売上高が増加しており、業績も好調の業界となっています。これからもっと薬剤師の需要が高まっていくことでしょう。