あまり知られていない薬剤師の意外な仕事内容

治験と言う言葉を聞いたことがある人もいるかもしれません。治験は新薬開発において重要な役割を果たしており、人間を対象として新薬の安全性や有効性をチェックするプロセスのことを言います。治験には被験者や医師の他にも薬剤師が深く関わってきます。

治験に関わる業務を担う薬剤師は臨床開発モニターと呼ばれ、治験が臨床基準に沿って行われているかを確認したり、治験の担当医と治験について話し合いをしたり、CRFという被験者の情報を全て記載した報告書をまとめてチェックする仕事を行います。薬局などの薬剤師とは異なり医師との話し合いやデータ収集業務が多いため、高いコミュニケーション能力と事務処理能力が求められます。パソコンスキルは必須と言ってよいでしょう。

臨床開発モニターは製薬会社や製薬会社から外部委託された民間機関に所属していることが多くなっています。給与水準はかなり高く、臨床経験のある薬剤師が転職することも多いようです。専門知識と現場の経験を積んだ人向けの仕事と言えるでしょう。

臨床開発モニターは通称CRAと呼ばれていますが、似たような名前の薬剤師の仕事にCRCというものがあります。CRCとは治験コーディネーターのことで、治験に関する業務全般を請け負います。治験のプロトコルの立案から実施に至るまで全ての業務をこなすことになるので、全体像を把握する俯瞰的な見方が必要になります。

ただしCRAには薬学に関する専門知識は必ずしも必要というわけではなく、看護師や栄養士でもなれる職業となっています。そのためか給与は一般の薬剤師より低い相場になっていることが多くあります。しかし高い地位の役職へ昇進すれば年収も上がっていくのでそれほど気にする必要はないかもしれません。

難病の治療やすでに広まっている病気の治療法が製薬会社によって日々研究されています。新薬開発の業務である治験に携わることによってそのダイナミズムに触れる良い機会となるでしょう。

薬剤師の一風変わった職場としては他に独立行政法人が挙げられます。名前は特殊ですが、大学や研究機関とそこまで変わらないと考えて良いでしょう。主な業務は研究と医療教育の2つになります。

研究ではチームを組んで新薬の開発に伴う治験業務などを行います。また教育においては、新薬事情に関して関係者へ説明会・講演会などを開催することになります。独立行政法人の給与体系は公務員と近いことが多いので、働く際には規定をよく確認すると良いでしょう。