これからの薬剤師の求められる姿

薬の処方箋を病院でもらい、近くの薬局で薬を処方してもらう時に、適切な服用方法を指導する人がいます。
それが薬剤師の仕事の1つですが、最近は、調剤薬局と呼ばれる店舗でも、少しずつ薬局、調剤師のあり方が変化してきたように思えます。

高齢化が進む日本において、医療費の増大が社会問題となっています。

高齢化に伴い、数多くの高齢者の方々が病院を訪れ、診察を受けて薬の処方箋を受けます。
その中では、必ずしも必要と言える以上の薬をもらい、無駄にしていることも少なくありませんでした。
このようなことから、今では長期間の薬をもらうのではなく、必要最低限と思われる程度のこと量に変わってきています。

一方で、調剤薬局に勤める薬剤師の役目を変わってきつつあります。

店舗に訪れる患者に薬の服用指導をするだけでなく、患者宅に訪問しての指導を行うところまで、求められているようになってきました。

薬剤師の場合、医療行為を行うことはできませんが、指導やアドバイスをすることは可能です。
このような取り組みを行うことで、高齢者に対しては、適切な服用の指導を実生活まで踏み込んで行えることで、今まで見えなかった患者の生活上での悩みの相談に乗ったり、規則正しい食生活健康管理まで、細かな指導が可能になってくるのだと思われるのです。

しかも、この活動により、必要以上の処方が必要なくなり無駄な薬の処方、ひいては医療費の削減にもなるのです。
経済発展に貢献されてきた年代の方々の高齢化の進む中、社会全体が円滑に回るためには、効率的で、且つ効果的な活動や行為が今まで以上に求められるようになってきました。

その中で、薬局て薬を扱う薬剤師の存在価値は、新たなステージを迎えているのだと思われるのです。
医療業界でも大学病院・総合病院と地域地元の開業医、個人病院との連携による地元住民に対する総合的な医療連携のあり方が模索されています。

大型商業施設の中に病院、薬局も連携した施設が展開される動きも実際に出てきています。
その中でも、薬局は単なる薬の取り扱いだけでなく、訪れる患者や顧客に対する対応の内容をより充実化、高度化されていかなければなりません。

これらの動きも単なる一過性の動きではなく、高齢化社会がますます進んで行くために、必要不可欠な環境として、時代が要請しているとのだと思われるのです。
このような動きは、これからますます活発になってくるものと思われるのです。